• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 良いお年を
  • 今年はいろいろありました。本当にいろいろありました。

    いろいろな人にいろいろありがとうございます。

    来年もよろしくお願いします。

    けっして、今日のブログは手抜きではありません。

    大晦日の大晦日による大晦日のための文章になってしまっただけです。

    皆さま、良いお年を。。。



    立川談吉


    スポンサーサイト

  • ブルペンでグンゼのブリーフ
  • パソコンが無いからせっかくのコメントを返すのが遅くなってしまいました。いや、普通にアイフォンで出来るのだけど、長文のコメントはアイフォンだと返信打ちづらいみたいなのさ。どうにかしてパソコンを手に入れねばだなぁ。



    私の披露の会を姉が二階席から撮ってくれてましてね、それをBVDいや、グンゼ、いやDVDに焼いてくれたのです。いつも姉にはお世話になっているのだけど今回は何から何までやってくれました。チラシのデザインもそうだしチケットもそうだしでね。姉は北海道でデザイン会社やってるから私の最初の名刺も作ってくれたし手拭のデザインもしてくれたのです。


    「クワトロデザイン」

    http://www.quattrodesign.jp/

    で、そのDVDは出演者に配るだけしか無いしね、あの空気間は映像では伝わらないしでね、出演者みんな映っているから著作権の問題もあるしね、元々から販売の目的ではないのでね、売りません、申し訳ございませんって謝る事も本来は無いのだけどね、でも謝らなきゃな感じになっちゃった。もうっ、Kうい兄さん(名前は伏せます)たらっ。
    でもそういうことも含めてKうい兄さんの面白さ凄さがあるとフォローします。もうっ。


    21日、師匠のお別れ会がありました。ご来場頂きましたお客様には本当に感謝いたします。来れなかった方もその日はその事を考えてくれたと思ってます。誠にありがとうございます。
    弓子さんの書いた「ザッツアプレンティー」、ぜひ読んでみて下さい。弟子の口からは言えない事、師匠に代わって弓子さんが師匠の全てをさらけ出しています。弟子の私が言うのはとっても生意気ですが、立川談志の凄い部分、キュートな部分、やっぱりカッコいい部分と優しい部分がたくさん詰まっています。少し悲しくなるかもだし寂しくなるかもしれませんが、私はみんなに読んでもらいたいなぁと思います。


    今年ももうわずかです。まだ私には引越しというイベントが控えていますし、今ブルペンで肩を慣らしています。明日は不動産屋さんと物件を見て回ります。よい物件あるといいなあ。


  • 「バカになりました。」
  • 「バカになりました。」


    僕は、バカになりました。

    右も左も上も下も、みんな

    バカになりました。

    木工用ボンドを苺にかけて

    頂きました。

    新品の白いブリーフは

    ドアノブカバーになりました。


    みんな、バカになりました。

    今日も昨日も今も昔も、みんな

    バカになりました。

    コインランドリーの乾燥機で

    マンモスの巨大な糞が、

    ごろぉんごろぉんと回っています。

    テレビでは武田信玄似の女が、

    全裸で天気予報をしています。

    晴れのちオットセイ、所により

    キャラメルコーン













    続きを読む

  • らくご魂
  • 私は陰気ではない、むしろ陽気なのだがインドアであります。中学生くらいから変わってないのかもしれないこの性格は、もう治らないだろうし直らない。楽しいことは楽しむしめんどくさい事はしない。騒ぎたいときは騒ぐがほとんどはボーっとしてるのが好きだ。「明るいシュール」という不思議な性格はきっと友達も付き合いづらいのだろうなぁ、と漫画喫茶でカフェオレを飲みながらジュディマリを聞きながら。


    昨日は横濱らくご魂さんでお笑いを申し上げてきました。

    私は忘年会の余興みたいなものだと思っていたのですが違い、普通の落語会でした。しまった!!内々の忘年会だと思っていたのでお客様に告知もしませんでしたが、ちゃあんと一般のお客様もいらっしゃいました。中には聞きつけて東京の方からわざわざいらっしゃってくれたお客様もあらしゃいました。
    駅前の居酒屋さんでの落語会。壁には師匠談志のサインや小さん師匠のサイン、円生、円楽、円蔵…と数え切れないくらいの、いや、数えられるけど結構な数のサインがあらしゃいました。店主が集めたらしいのですが素晴らしいものです。

    ネタはこの頃のネタです。
    「権兵衛狸」

    「しわいや」

    「竹の水仙」

    お客様との距離も近くアットホームなので随分甘えさせて頂いた気がします。


    終わったあとは打ち上げで気づいたのですがお子様(といっても立派な中学生ですが)がいらっしゃいました。
    私はド近眼なので落語の最中はまったく気付きませんでした、いや、うっすらとは気付いていたのですがあまりにもしっかりとしたポイントで笑ってくれるので小さいおじさんだと思ってました。後で聞いたらその子は落語が好きで色んな子と一緒に落語をやってるそうです。あまりにしっかりしてるので好きなお笑い芸人を聞いたら「三球・照代」と答えました。嬉しくなってつい私も「Wけんじ」、「トップライト」、「てんやわんや」などを教えてあげましたが間違った教育だと今後悔しております。来年一月に無料で子供落語会があるそうです、私も負けられません。
    横濱らくご魂さんのメンバーでとっても明るいネクタイ屋のお兄さんもいらっしゃいました。哀しみを明るさで埋める凄いパワーの持ち主でした、あのパワーが欲しいものです。美味しいパンを下さったお姉さんもいらっしゃいますしニットのセーター真ん中分けのお姉さんにはまだ拙い私のサインをねだられました。今回で広島に帰ってスポーツ雑誌で活躍するお兄さんははにかんだ笑顔が素敵でした。
    主任は二つ目披露の会の写真を撮ってくださった「森モーリー」さんで数少ない私の友達です。『ドリアンチョコ』で検索するとブログが見れます、笑顔100人という企画もやってらっしゃいます。

    一次会二次回ともにお話出来なかったお客様がいらっしゃいましてそれは心残りです。
    帰り電車が無くなったのでいつも落語会に来ていただいてるお客様にカラオケに招待されました、有難い事です。二次回で隣に座ってました師匠談志ファンのデザイナーさんも一緒に行きました。吉田拓郎しか歌わないというマニアックさに惚れて友達になってもらいました。後は韓国人の夫婦という不思議な組み合わせでした。
    誰も流行の歌を歌わないという不思議な空間はシュールで私好みのカラオケでした、たまにはこういうのも良いものです。


    さて、、、何が「さて」なのかね全く、
    今年ももうすぐ終わります、色々ありました、色々、こんなにあった一年は人生で初めてかもしれません。うーん、本当は毎年色々無くてはいけないのでしょうか?芸人はそうかもしれませんが、基本は何も無いのが一番です。何も無くて穏やかならそれが一番幸せなのかもしれませんが私はまだ青いガキだし達観してないのでわかりません。

    「幸せの基準を決めよ」 立川談志

    こんなこととても言えない、今の私に言えることは

    「ウォシュレットは気持ち良い」  立川談吉


    これが師匠談志と私の差であります。

    立川談志は凄いぞおおおおおおおおぉぉぉぉぉ!!!!!!!!




  • 第一回立川談吉勉強会
  • 死んだと思ってた友人が生きていて、しかもブログを再開した。あーよかった。。。


    昨日、12月13日はミュージックテイト西新宿店さんにてお笑いを申し上げてきました。

    二つ目になって初めての勉強会、前座さんも無し。楽しかったけど、疲れたし、怖かった。自分一人だから誰のせいにも出来ない、一人で何とかお客様満足させなきゃあいけない。
    当たり前だね。

    『第一回立川談吉勉強会✩』

    談 吉「釜   泥」

    談 吉「三 年 目」

    ~対談&質問コーナー~

     仲入り

    談 吉「竹の水仙」

     おまけ
    談 吉「南部坂雪の別れ」


    もうとにかく最初は緊張して固かったね、ネタが飛んで飛んで回って回るで冷や汗大変!一人ってのはこれほどのプレッシャーなのかと思ったよ。前座の時は一人でも何とも無かったのになぁ、驚きました。

    「釜泥」は一応ネタおろしでは無いのだけどネタおろしみたいなもの、前座の時に一度演ったのだけど今回は細部を変えてる。結果、変えたばかりだから台本というか台詞というかフレーズが染み込んでないので焦る焦る。何とか喋っただけで作品としては酷いものです、これから少しずつ直していかなきゃあだ。

    一席目終わっても一息つけない。私は引き出しが少ないので枕が安定してない。結果、毎度言うことが違う自分に驚いている。調子の良い時はアドリブで何とかなるが、アドリブで済ませたくないという思いもありで、何だか頭がグルグルして何言ったか憶えていない。「三年目」、この頃たまにかけるので安心していたネタだったのだがボロボロでありました。

    テイトの店長と対談、そして質問コーナー。お客様の師匠談志への思いが伝わってきました。私が一番師匠との時間が少ない弟子ですが、知ってる範囲ならいつでもお答えいたしますので、気になることがありましたらこれからも遠慮なく聞いてくださいね。

    仲入り、やっと休憩です。ウイダーインゼリーを飲みましたがこれが良くなかったのかもしれません、、、

    三席目の最初はウイダーインゼリーのせいかゲップが出そうで出なくてという状態になってしまい辛い辛い、それでも少しずつ持ち直して演りました。「竹の水仙」はこの頃よく演ってるのですが好きですねぇ。師匠談志の「人間の業」のようなものは一切出てこないのですが、フワフワしてて私に合ってる気がします。「ねずみ」の甚五郎先生よりこの甚五郎の方が「菊春」に近くて好きです。

    おまけは寝床ですが、「南部坂雪の別れ」の赤穂浪士討ち入りの所を唄いました。
    私の中で、しょうがない事ですが前に同じ噺を聴いたお客様に何かおまけをと思いやってみました。はっきり言って下手です寝床ですが、唄っている方は気持ち良くなってました、申し訳ございません。また機会があったら違うヤツ唄ってみようかしら?と考えています。本場の浪花節も習いに行きたいなぁ。


    そんなわけで第一回立川談吉勉強会、本当に勉強になりました。これから隔月で、毎回ネタおろしやっていこうと思っています。ご来場頂きましたお客様、本当にありがとうございます!私はこれからこういう会を増やしてやっていきますので応援の方よろしくお願い致します!


    ちなみに今日はゆっくりゆったり過ごしております。寝たり起きたり食べたり寝たり、時々ドラクエやって寝たり起きたり食べたり散歩したり寝たり寝ながらドラクエしたり放屁をしたりして過ごしております。何かやるのは明日からでいいや、明日も放屁はします。


    ※第二回立川談吉勉強会は[2月17日]です。どうぞよろしくお願いします✩

    続きを読む
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。