• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 『談吉百席』あとがき
  • こんばんは


    第一回『談吉百席』無事終わりました。

    お越しいただきましたお客様、まことにありがとうございます。

    ちょっとだけ振り返りましょう。


    とにかく場所がわかりづらかったと思います。みなさんよく辿り着いてくださいました。雨の中あっちへ行ったりこっちへ行ったりした方もいらっしゃったみたいで申し訳ないとともにありがたく思います。

    準備不足のせいでしょうか、バタバタして開場も少しおしてしまいました。反省点。

    いろんな不安の中での開演でした。



    まずは挨拶代わりに「千早ふる」

    人物が二人しか出てきません。ただ無駄なことをずっと喋ってるそんな噺。
    演るたびに変わっていく部分と変わらない部分を楽しみながら喋っています。
    これは、好きなネタです。特に”豆腐”のところが好きです。


    「粗忽長屋」
    とても落語らしい噺で凄く好きな噺。ネタ自体が完成されているうえにベースが完全に家元です。
    自分のものとは言えません。まだまだ骨組み、これからもっともっと変っていってくれる事を願います。
    入門前から好きなネタです。

    お仲入り

    「百年目」

    これはやはり無理があったでしょうね。でもさ、百席だし、春だし。
    サゲ前で引っ張って感動させる手法はとりませんでした。そんな年齢でもないですからね。
    なるべく軽く人情噺をと思ったのですがそれだとやる意味が、、、と思いながら百席だし、春だし、
    第一回なので許してもらいます。


    ネタに関してはこんな感じ。ただ運営がずさんでした。
    宣伝遅いし!会場ちょっと暑いし!アンケートのペン無いし!

    立ち見のお客様には申し訳なく思っています。

    見に来てくれた吉笑さんと笑二さんには後片付けまで手伝ってもらっちゃいました。

    いろんな反省点は次に生かします。

    生まれたての雛鳥のようなこの会をお客さまと一緒に育てていけたらと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。


    そして、、、、、、

    次回は、、、、、、、

    この日を予定しております、、、!

    7月6日

    『第二回 談吉百席』

    詳細はまたブログで、

    どうぞ!!!!



    開場前に近所にお住まいの龍志師匠から差し入れを頂きました。

    「アンちゃん頑張りな」

    それだけ言ってお帰りになられました。

    ラフな格好で雨の中傘をさして帰る後姿がカッコ良過ぎです。

    朝から食べていなかったので開演前、その頂いた差し入れを一口食べました。

    一席分のエネルギー。いただきました。

    あまり書くとヨイショ野郎になるのでやめます。

    本当にありがとうございます。




    スポンサーサイト

    コメント

    前から二列目にいたが、立ち見も出たと言うのに私の前の最前列ほぼ正面の椅子は空いていた。まさか、あそこには家元がいらしたのかも……。でも、家元はあんな目立つ場所には座らないな。
    2013/04/08(月) 07:47:19 | URL | 並河逸成 #- [編集]
    私はまだ、ネタを聞いてから『こうゆう噺なんですねっ』そんな感じの初心者です。百年目も勿論そうです。しかしその様なので、すっと噺の中に入れる気もしています。来年もし百年目の噺をするとしたら、違いがわかるのでしょうね。
    談吉さんの表情ととても楽しく噺をしている姿が好きです。
    本当に落語が一番!
    とわかります。

    談吉さんとても暑そうでしたよね。
    そう、私の隣の男の方がずっと笑わないのですが…最後に誰よりも拍手を大きくしていた姿がありましたよ。充実感たっぷりだったのでしょう。

    次回、しっかりまた行きますね。
    次回は晴天の中にとそんな気がします。
    談志師匠がきっと嬉し過ぎて初日は逆に雨を大きくしてしまったのかもって私は思っています。
    では次回に。
    2013/04/08(月) 04:51:32 | URL | KYOUKO #- [編集]
    > 嵐を呼ぶとは
    > やはりあなたも風雲児なのですね。

    どうでしょう?
    雨男の可能性は否定できませんね。
    2013/04/08(月) 01:10:35 | URL | だんきちさん #- [編集]
    > まさか嵐とは。しかし嵐は呼んでも電車は止めない男、の自主興行大初日は秘密結社のアジトですかここは!大勝軒の裏っ手にあるんですねこんな貴重な風景。手作り感満点で、イイゾイイゾ。
    > 僕のタイプは「千早ふる」をチャーミングにやってくれる芸人さん。ああこの人は落語家になるために生まれてきたんだと思う事ができる。小三治師匠の次に好きな「千早ふる」。
    > そして「百年目」が始まった瞬間僕の目がカッと開きました。もうただ身を委ねた。
    > 談志師匠のそばに最期までいることを許された最後の弟子はこの噺を絶対に十八番にしてほしいと思います。前向きな義務として。旦那の番頭に対する語りが説得力を持ってきたときのことを想像するとワクワクしてきますね。春が来るたびの進化が楽しみ。談吉襲名五年目の日の「百年目」。感慨深いっス。


    ありがとうございます。
    「千早ふる」、こういう噺が好きです。こういう噺が好きなお客さんが嬉しいです。
    「百年目」は来年もう一度やってみますね。
    2013/04/08(月) 01:09:38 | URL | だんきちさん #- [編集]
    > 前半二席、素敵な無駄がたっぷりだった。いつか、本編なしすべて無駄な一席を聞かせて頂戴。
    >
    > 百年目は確かに荷が重かったね。
    >
    > それにしても龍志師匠かっこよすぎ。惚れ直した。

    そんな噺も作りましょう。

    うちの師匠方はかっこ良いですよ。
    2013/04/08(月) 01:05:58 | URL | だんきちさん #- [編集]
    嵐を呼ぶとは
    やはりあなたも風雲児なのですね。
    2013/04/08(月) 00:11:10 | URL | #- [編集]
    まさか嵐とは。しかし嵐は呼んでも電車は止めない男、の自主興行大初日は秘密結社のアジトですかここは!大勝軒の裏っ手にあるんですねこんな貴重な風景。手作り感満点で、イイゾイイゾ。
    僕のタイプは「千早ふる」をチャーミングにやってくれる芸人さん。ああこの人は落語家になるために生まれてきたんだと思う事ができる。小三治師匠の次に好きな「千早ふる」。
    そして「百年目」が始まった瞬間僕の目がカッと開きました。もうただ身を委ねた。
    談志師匠のそばに最期までいることを許された最後の弟子はこの噺を絶対に十八番にしてほしいと思います。前向きな義務として。旦那の番頭に対する語りが説得力を持ってきたときのことを想像するとワクワクしてきますね。春が来るたびの進化が楽しみ。談吉襲名五年目の日の「百年目」。感慨深いっス。
    2013/04/07(日) 23:42:26 | URL | ペー #- [編集]
    前半二席、素敵な無駄がたっぷりだった。いつか、本編なしすべて無駄な一席を聞かせて頂戴。

    百年目は確かに荷が重かったね。

    それにしても龍志師匠かっこよすぎ。惚れ直した。
    2013/04/07(日) 20:48:51 | URL | 並河逸成 #- [編集]

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://dankitisan.blog81.fc2.com/tb.php/149-4d96a7b6
    記念すべき第一回です。ビデオ撮影係で参加しましたぜ。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。