• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 第二回談吉百席について
  • ひっそりと更新します。


    『第二回談吉百席』、無事終了致しました!

    お越しいただきましたお客様、誠にありがとうございます。

    色々とご意見も頂いておりますきに今後に活かしたいと思っていますぜよございます。


    せっかくなので、少しだけ振り返りますきに。



    一回目よりも運営の方はスムーズにいきました。私にしてはあまりにスムーズでしたので逆に不安でした。
    お手伝い頂いたスタッフの皆様、感謝致します。

    それではネタを


    「置き泥」

    「天 災」

     仲入り

    「唐茄子屋政談」


    え!!!
    唐茄子屋政談!?!?

    夏なので許してあげましょう。


    「置き泥」

    一席目は落語に入るのが怖くてついグダグダ喋ってしまいました。
    この事に関しては次回からちょっとスタイルを変えます。とりあえずご挨拶、いつも通りの落語。


    「天 災」

    八五郎は情緒不安定な感じにしてみました。もうメチャククチャ。ただまだメチャクチャレベルなのでこれをハチャメチャに出来るかどうか。

    「唐茄子屋政談」

    いや、いや、本当にしょうがないな。前回の「百年目」の反省が活かされていないね。
    やっぱり湿っぽくならないようにを意識してしまいました。
    ”糊屋の婆ぁ”がやりたくてやったような噺です。自分で自分を糊屋の婆ぁという糊屋の婆ぁが気に入っています。それだけです。


    今回はとにかく高座が暑かったです。汗ダク。無駄に一生懸命に思われたのではないかとお恥ずかしい限りです。
    客席の方は涼しかったようで安心しています。

    アンケートにご協力頂きましたお客様もありがとうございます。参考にさせて頂きますね。


    とりあえず二回、次は三回です。次はどうなるかわかりませんが何となく『 王 道 』でいこうと考えています。何が『 王 道 』なのか、私の考える『 王 道 』をどうぞお楽しみに。

    第三回『談吉百席』は10月5日(土)です。詳細はまた!!



    今日もお疲れ様さまです。





    スポンサーサイト

    コメント

    > おお、ひっそりと更新されてる。
    > 客席は非常に快適。夏の地下とは思えない。高座は暑かったのですね。「天災」の前半までは不安一杯で、今日は難しいかと思いましたが、後半から別人のよう。談吉スロースターター説を唱えたい気分。談志師匠みたい。
    > そしてメインは「唐茄子屋政談」。もうこの噺は吉原田んぼの回想シーンだけが期待であり、不安であり。ここだけで器が計れてしまう(生意気)怖い所。
    > そしてそれは素晴らしく今まで聴いた中で一番いい気持ちにさせてくれる逸品でした。シーン終わりで拍手がおき僕も慌てて拍手しました。こんなことしたことない。実は談吉さんはのりやのババアではなく吉原田んぼをやりたくてこの噺をやったのだとひっそりと思ってます。
    > やっぱりセンスでしょう、全て。吉原田んぼも、この会場を発掘してきたのも、みんな二つ目にしてもう弟子は取らないと言っているのに最後に滑り込んだり。
    > 談吉グッズはどうせ作るなら話題になるようなものを作ってほしいです。かわら版が取材に来るような。「談吉笑い袋」「談吉一門の出囃子を口三味線で唄うCD」なんて欲しいな。


    もしかしたらそうなのかもしれませんね。
    私的にはのりやのばばぁ、談吉としては吉原田んぼなのかもしれません。
    お世話になったお客さんが志ん生の薄墨が大好きでした。次やる時は薄墨になってるかもしれませんね。
    グッズ、色々考えます。
    2013/07/15(月) 10:04:02 | URL | だんきちさん #- [編集]
    > ひっそりと読ませていただきました。
    > 今回は後ろの席に座った為なのか…色々と声が聞こえてもきました。意見にこだわらず、またこだわる事はとても難しいように思われます。
    > 一回目は台風で。
    > 二回目は真夏日。
    > 客席より舞台が暑いという事はやはり辛いでしょうね。
    > しかし意見も大事でしょうが、まずは談吉さん自身がとても楽しむというのが一番大切となる。
    > それが、これから三回目やどんどんと繋がり、また観客とも繋がりが自然となる
    > 要因でしょうか。
    > 当日は楽しくとも振り返ってみると案外と見えてくる事が沢山出てくるものなのですね。
    > 三席とも素晴らしかったです。
    > こちらこそありがとうございます。
    > 落語が大好きな談吉さんの心が何よりも宝です。
    > (色々と書いて失礼を致しました。)

    ありがとうございます。
    次はもっと次はもっとという気持ちです。
    また宜しくお願い致します。
    2013/07/15(月) 09:58:48 | URL | だんきちさん #- [編集]
    おお、ひっそりと更新されてる。
    客席は非常に快適。夏の地下とは思えない。高座は暑かったのですね。「天災」の前半までは不安一杯で、今日は難しいかと思いましたが、後半から別人のよう。談吉スロースターター説を唱えたい気分。談志師匠みたい。
    そしてメインは「唐茄子屋政談」。もうこの噺は吉原田んぼの回想シーンだけが期待であり、不安であり。ここだけで器が計れてしまう(生意気)怖い所。
    そしてそれは素晴らしく今まで聴いた中で一番いい気持ちにさせてくれる逸品でした。シーン終わりで拍手がおき僕も慌てて拍手しました。こんなことしたことない。実は談吉さんはのりやのババアではなく吉原田んぼをやりたくてこの噺をやったのだとひっそりと思ってます。
    やっぱりセンスでしょう、全て。吉原田んぼも、この会場を発掘してきたのも、みんな二つ目にしてもう弟子は取らないと言っているのに最後に滑り込んだり。
    談吉グッズはどうせ作るなら話題になるようなものを作ってほしいです。かわら版が取材に来るような。「談吉笑い袋」「談吉一門の出囃子を口三味線で唄うCD」なんて欲しいな。
    2013/07/13(土) 23:54:38 | URL | ペー #- [編集]
    ひっそりと読ませていただきました。
    今回は後ろの席に座った為なのか…色々と声が聞こえてもきました。意見にこだわらず、またこだわる事はとても難しいように思われます。
    一回目は台風で。
    二回目は真夏日。
    客席より舞台が暑いという事はやはり辛いでしょうね。
    しかし意見も大事でしょうが、まずは談吉さん自身がとても楽しむというのが一番大切となる。
    それが、これから三回目やどんどんと繋がり、また観客とも繋がりが自然となる
    要因でしょうか。
    当日は楽しくとも振り返ってみると案外と見えてくる事が沢山出てくるものなのですね。
    三席とも素晴らしかったです。
    こちらこそありがとうございます。
    落語が大好きな談吉さんの心が何よりも宝です。
    (色々と書いて失礼を致しました。)
    2013/07/12(金) 01:43:18 | URL | K #rOoKj7hc [編集]

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://dankitisan.blog81.fc2.com/tb.php/151-7b847da9
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。